松田周作建築設計事務所 - 大分市 - フォト【エブリタウン】
松田周作建築設計事務所 のフォト
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


大分市府内五番街商店街振興組合事務所 | 5th Avenue INFORMATION OFFICE     


建築家・山口隆史氏(-2013)の設計により、府内五番街として誕生(リニューアル)して20周年となる2014年、大分市府内五番街商店街振興組合事務所をメーンストリートに面して、移転オープンさせることとなりました。

大分市府内五番街商店街のインフォメーションオフィスとしての機能とともに、 府内五番街を訪れる人々の休憩スペース、ミーティングスペースとしての機能、 加えて、各種イベントに使用する備品の保管の為の大きなバックヤードが求められました。

故・山口隆史先生の緩やかな曲線を描く府内五番街の通りのデザインへのオマージュとして、 建物内の間仕切り壁を曲線のラインとすることで、通りを歩く人々をやわらかく導き入れ、包み込むような空間を目指しました。 季節の移ろいを魅せてくれる府内五番街の街路樹のハナミズキを、 ミーティングテーブルからエントランスを通した正面に眺められるように設計しました。

オフィス内には、府内五番街から誕生した画家・北村直登氏の作品が 寄贈・展示されています。


F邸 キッチン改修 | HOUSE F Renovation I     


1967年に竣工したRC造の戸建住宅の改修です。

明るくて、居心地が良くて、家族との対話が生まれる場、 茶道の生徒さんとのお茶事の際、水屋に隣接する共同作業の場としてのキッチンが求められました。

北側の窓からのやわらかい光が、キッチン全体の空間をつつみます。開口部から眺める庭木や植物の日々の変化に、季節の移ろいを感じます。 オープンになったキッチンは、居間との関係性も生まれ、南側の庭の景色を眺めることが出来ます。

凛としていながらも、あたたかみのある空間を目指しました。
“ キリヅマノイエ ”
『ARTPLAZA U-40建築家展2014アイデアコンペ』応募作品
若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue


若竹ビルの3DKの住居の一室を、ワンルーム空間のシェアオフィス(コワーキングスペース)として改修しました。

共用のキッチンは、ダイニングテーブルと一体として製作し、入居者や来客者とのミーティングスペースとして機能します。

オフィススペースの4つの大きなデスクは、木質ボードを天板として既製品の脚部を組み合わせて、製作しました。

住まいとしての設備・機能を備えており、将来的な大きなワンルームの住居利用も可能となっています。

開口部を増やし、明るくて、おおらかで、凛としていながらも、温かみのある空間を目指しました。

屋外スペース(テラス)からは、若竹ビルのシンボルとなっているブーゲンビリアの花を、愛でることが出来ます。



会社名 松田周作建築設計事務所
読み方 松田 周作
英語名 SHUSAKU MATSUDA & ASSOCIATES, ARCHITECTS | SMAA
住所 大分県大分市府内町2-4-8 若竹ビル318
電話番号 0975746149
FAX 0975746149
カテゴリ 士業・コンサルタント-設計事務所
近くの駅 大分駅
公式HP
ブログ https://www.facebook.com/shus...
Twitter
電話番号

0975746149

カテゴリ

士業・コンサルタント-設計事務所

http://shusakumatsuda.com/
松田 周作
お施主さんの 建築や空間に期待する思いを ぜひ お聞かせください。
無料で会社・ショップを効果的にPRできます!